2010年04月22日

免職取り消し訴訟で控訴=阿久根市(時事通信)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長の意向で掲示された市職員給与総額の張り紙をはがし、懲戒免職処分を受けた男性職員(45)の処分を取り消した一審鹿児島地裁判決について、市側は22日、不服として福岡高裁宮崎支部に控訴した。
 判決によると、男性職員は昨年7月、張り紙ををはがしたとして懲戒免職処分を受けた。男性の申し立てを受け、同地裁は同年10月に処分の効力停止を決定。今月9日の判決で「(免職処分は)裁量権を乱用しており違法」などと指摘し、処分を取り消したが、市長は職員の復職を拒んでいる。
 同市総務課は「市長からのコメントはありません」としている。
 自治労鹿児島県本部の話 法に基づいた手続きをするなら、まずは判決に従ってもらいたい。 

「徳之島」白紙撤回を…鹿児島関係の国会議員(読売新聞)
金券ショップに強盗 少年を逮捕(産経新聞)
<山口強盗殺人>被害者の大石さん 死因は窒息死 (毎日新聞)
小型カメラで“旅情”も体感 鉄道模型走行会(産経新聞)
27日から「特別展 龍馬伝」江戸東京博物館(産経新聞)
posted by ヒラマ カツノリ at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。