2010年04月24日

景気判断、2期ぶり上方修正=5地域で改善−財務局長会議(時事通信)

 財務省は21日、全国財務局長会議を開き、各地域の1〜3月期の経済情勢について報告を受けた。輸出の回復や家電エコポイント、エコカー減税などの政策効果で、11地域のうち関東や北陸など5地域の景気判断が改善。同省は全体の総括判断を2期ぶりに上方修正し、「厳しい状況にあるものの、生産活動を中心として持ち直しの動きがみられる」とした。
 生産活動は5地域が上方修正。近畿からは「自動車や家電向けが好調で、リーマンショック前の9割の水準まで回復した」との鉄鋼メーカーの声も報告された。雇用情勢も5地域で改善したが、九州からは「新規採用再開のめどは立っていない」とする一部業界の厳しい現状が示された。 

【関連ニュース】
白物家電出荷額、2年連続減=洗濯機など不振-09年度
薄型テレビ、一家に1台=内閣府
3D商戦、早くも盛り上がり=予約好調、量販店の目玉商品に
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」
景気判断据え置き=4月の月例経済報告

官房長官との面会、徳之島3町長が拒否(読売新聞)
自治法改正案の誤りが判明し、参院総務委が散会(産経新聞)
ゆるキャラがB級グルメ紹介 ご当地マスコット勢ぞろい(河北新報)
介護報酬不正請求で指定取り消し―青森の2事業所(医療介護CBニュース)
普天間問題 鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
posted by ヒラマ カツノリ at 03:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。