2010年05月13日

山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結(産経新聞)

 「秘書給与の肩代わりを要求した」と報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、民主党の山岡賢次国対委員長が発行元の新潮社などに計1千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した訴訟で、山岡氏側が訴訟を打ち切る「請求放棄」を申し立て、訴訟が終結していたことが12日、分かった。申し立ては10日付。

 請求放棄は、原告自らが請求に理由がないことを意思表示する手続きで、民事訴訟法で規定されている。訴訟上の調書に記載された場合は、原告側の敗訴確定と同じ効力を持ち、再び同じ訴訟を起こすことはできない。

 問題となっていたのは、昨年発売された週刊新潮3月12日号の記事で、山岡氏が平成12年ごろ、地元の栃木県真岡市長選で初当選を目指していた福田武隼(たけとし)前市長に、福田氏の選挙応援をした山岡氏の秘書給与の肩代わりを求めた、などとする内容を掲載していた。

 これに対し、山岡氏側は「記事の内容はすべて事実無根で、名誉と社会的信用を著しく傷つけられた。(福田前市長への)対立候補を立てる方針の民主党に対する悪質な選挙妨害だ」と主張していた。

【関連記事】
新潮社に賠償命令 小林死刑囚の記事めぐり
「映画観てる場合か」ヒゲの隊長、路チュー大臣に喝!
「調査しろ」 鳩山民主、政治とカネの次は女性スキャンダル
「週刊新潮」の記事問題で楽天の三木谷社長らと新潮社が和解
有栖川宮かたる詐欺事件 新潮社に慰謝料支払いを命じる 京都地裁判決

普天間移設、海汚さず決着=鳩山首相(時事通信)
8歳男児に暴行、父親逮捕=福島県警(時事通信)
<パロマ中毒事故>元社長らに有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
日米地位協定に「環境条項」=沖縄配慮、改定提起へ(時事通信)
中国の中間層にビザ、観光誘致へ要件緩和方針(読売新聞)
posted by ヒラマ カツノリ at 01:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

<全国学力テスト>抽出方式への変更も参加率は7割超(毎日新聞)

 4年目を迎えた全国学力テストは20日、新たに「抽出方式」で行われた。過去3回は全員参加方式だったが、「序列化を招く」「費用が掛かり過ぎ」との批判も。政権交代を機に抽出方式に切り替えられたが、ふたを開けてみれば参加率は7割を超えた。学力向上の一環として活用したい知事ら自治体トップの意向で自主参加が相次いだ結果だが、一方で「抽出調査で十分」という自治体もあり、対応が分かれた。【まとめ・遠藤拓】

 小中とも過去3年連続トップレベルの成績だった秋田県は100%参加する。県教委は「学力テストと県独自調査の結果を分析し、苦手分野の克服などに生かすサイクルが現場でできている」と説明する。秋田とトップ争いをしてきた福井県も全校参加だ。中学生の数学B(活用問題)が3年連続全国ワースト2位になるなど、毎年全国平均を大きく下回った高知県も全校参加。尾崎正直知事は「教育政策の効果を見極めるためにも、全員調査が必要」と語る。

 九州は7県のうち、熊本以外の6県が100%参加。大分県教委は当初不参加を表明した佐伯、臼杵両市教委に電話で参加を促した。横並び意識をうかがわせる例は他にもある。大阪府豊中市はいったん抽出校のみ参加と決めたが、3月に全市挙げての実施へと転換。大阪府全体で9割を超える参加が見込まれると分かったからだ。

 一方、抽出から漏れた学校のうち自主参加をする割合が全国最低の9.1%だった神奈川県。抽出校を含めた参加率は愛知県(25.5%)に次いで低い30.5%にとどまったが、県教委は「抽出調査で県全体の学力は十分把握できる」とする。

 全国の自治体で唯一学力テストへの不参加を続け、昨年度初めて参加に転じた愛知県犬山市は今回、各学校に判断を委ねた。「一部の学年、一部教科の力量を測るテスト。全国、全県での位置づけや比較を重視するわけではないので、各学校の対応に任せた」と市教委幹部は語る。

 抽出に漏れて自主参加する学校のネックがテスト終了後の業務だ。希望校には問題や解答用紙が配布されるが、採点や集計、分析は自治体または各学校の負担だ。業者への委託費用を県予算に計上した福岡県や高知県などのようなバックアップがないと、教職員の負担となり、不満の声も上がる。このため、急きょ全校参加を決めた豊中市の場合は、自主参加校分の採点を市教委の職員が担う。

 また、全小学校にテストを配るものの、必ずしも20日の実施にこだわらず、可能な時に「ドリル的に活用」することを認めた長野県上田市のような例も多く見られる。

◇全国学力テストの参加率(文部科学省調べ、15日現在)

100% 秋田、石川、福井、和歌山、山口、香川、高知、福岡、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島

90%台 富山、徳島、大阪、茨城、沖縄、鳥取、岡山、広島

80%台 北海道、愛媛、福島、京都、熊本、兵庫

70%台 長野、滋賀、宮城、新潟、奈良、岩手、島根

60%台 静岡、東京、山梨

50%台 栃木、青森、三重、山形、千葉

40%台 岐阜、埼玉

30%台 群馬、神奈川

20%台 愛知

(学校全体に占める抽出校、自主参加校の合計の割合。国立、私立は除く。100%以外は左から参加率の高い順)

【関連ニュース】
学力テスト:学校別の正答率を公開 横浜市教委
学力テスト:談合疑惑の内田洋行が一部業務落札
全国学力テスト:談合疑惑の内田洋行、配送業務落札
標準学力検査:仙台市内小中学校で実施 /宮城
県学力テスト:新年度から公表 7月にも、市町村別正答率 /埼玉

進次郎氏、自民の実情嘆く「非常に情けない状況です」(スポーツ報知)
<無登録営業容疑>未公開株販売の元社長ら逮捕 警視庁(毎日新聞)
新幹線で女性スカート盗撮、JR西の課長代理を逮捕(産経新聞)
池袋西口公園で古本まつり(産経新聞)
<朝鮮人遺骨>大戦中徴用の267体を確認 曹洞宗が調査(毎日新聞)
posted by ヒラマ カツノリ at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

景気判断、2期ぶり上方修正=5地域で改善−財務局長会議(時事通信)

 財務省は21日、全国財務局長会議を開き、各地域の1〜3月期の経済情勢について報告を受けた。輸出の回復や家電エコポイント、エコカー減税などの政策効果で、11地域のうち関東や北陸など5地域の景気判断が改善。同省は全体の総括判断を2期ぶりに上方修正し、「厳しい状況にあるものの、生産活動を中心として持ち直しの動きがみられる」とした。
 生産活動は5地域が上方修正。近畿からは「自動車や家電向けが好調で、リーマンショック前の9割の水準まで回復した」との鉄鋼メーカーの声も報告された。雇用情勢も5地域で改善したが、九州からは「新規採用再開のめどは立っていない」とする一部業界の厳しい現状が示された。 

【関連ニュース】
白物家電出荷額、2年連続減=洗濯機など不振-09年度
薄型テレビ、一家に1台=内閣府
3D商戦、早くも盛り上がり=予約好調、量販店の目玉商品に
障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」
景気判断据え置き=4月の月例経済報告

官房長官との面会、徳之島3町長が拒否(読売新聞)
自治法改正案の誤りが判明し、参院総務委が散会(産経新聞)
ゆるキャラがB級グルメ紹介 ご当地マスコット勢ぞろい(河北新報)
介護報酬不正請求で指定取り消し―青森の2事業所(医療介護CBニュース)
普天間問題 鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
posted by ヒラマ カツノリ at 03:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。